催眠療法で自分の深い悩みを解消しましょう。

トラウマがなかなか払しょくできない場合や、幼い頃の自分に強いこだわりがある方。家族関係や異性関係がいつもぎくしゃくしている等、自分自身に対する強い悩みを持っている方はいませんか。催眠療法を用いると、自分自身の根深い悩みを切り開くことができるかもしれません。催眠状態は眠っているのではなく「まどろんでいる」状態での意識が交錯している状態を指しています。この療法では潜在意識に働きかけ、その根底にあるものを探っていくという治療法です。施術を受けている間、自身の意識はしっかりしており、自分が発した言葉や感じた気持ちによって、自分を解放させるきっかけを作ります。この催眠療法は精神科・心療内科で導入しているところは少なく、民間の施術院がこの役割を担っています。口コミ等を参考にサロンにカウンセリングを依頼することがベストです。ただし、心の病気等で通院している方は、催眠療法によって病状を悪化させる可能性も否めないので、医師に相談の上利用することをお勧めします。

催眠療法の在り方を問う

精神内科や心療内科など、人間のメンタルをケアする病院の診療項目のひとつに、催眠療法があります。人間の深層心理を暴き出し、その人が持つ心の闇や、ストレスや悩みの根源をひも解く方法として用いられています。本人はもちろん全く気付いていない所で、心の中をまるで透視されるかの様に、透けて曝け出してしまうと言う事は、無自覚ではあるけれど、とても恥ずかしい事だと感じます。診療する方も、国家レベルの重要機密を隠し持っていたり、罪を犯したことをずっと欺いていたり、そういったとんでもない事実が発覚するケースさえ、想定しておかなければならないのではないかと感じてなりません。催眠により重要な事を告白された場合、その事実を本人に改めて叩きつけて良いものなのか否か、素人では到底わかりかねますが、両社において、とてもデリケートな診察方法だと感じます。

催眠療法の大きなメリット

催眠療法という言葉を聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。潜在意識にアクセスして患者さんが抱えている不調を治療していく心理療法として近年その効果に期待が高まっています。一般的にカウンセリングなどの治療方法は一度受けたくらいでは効果を実感しにくく、数か月から場合によっては何年もかけて何度も通い徐々に症状を治療していく事になりますが、催眠療法は普段はアクセスする事の出来ない私たちの潜在意識の領域に踏み込んでいくので患者さんが実際に抱えている問題の原因やその改善などが非常に短期間で行いやすいという大きなメリットがありますよ。その為、早い人では治療を受けたその日に効果を実感する場合もあります。また、催眠状態にかかる事で心身ともにリラックスした状態になるので交感神経と副交感神経のバランスも整い自律神経が乱れている事で起こっている不調の改善にも繋がりますよ。