サロンビジネス☆徹底リサーチ

alt_1

トップページ > サロンビジネスの豆知識 > オンラインサロンビジネスのネタの見つけ方

オンラインサロンビジネスのネタの見つけ方

有名人などでサロンビジネスをしている人は少しずつ増えてきている傾向にあります。
それに便乗して自分もサロンビジネスをしたいと考えていても、なかなか突破口が開けないこともあるでしょう。
例えば、そもそも何のネタでビジネスをしたら良いのかわからない場合です。
有名人を見ると、あるジャンルで有名になった人ばかりです。
例えば世界的に有名になった音楽家や、会社を立ち上げてトップレベルの企業にした人や人々が目を見張るくらいに芸術的なセンスがある人などです。
そもそもそのような人が有名になるのは当たり前で、才能がない人はそこまで有名になる事は無いはずです。
つまり現在の段階で有名になっていないと言う事は、たいした才能がないのではないかと考えてしまうものです。
そのように考えると、そもそもサロンビジネスをスタートすることが難しいでしょう。
しかし現実はそこまで厳しくはありません。


サロンビジネスをスタートする場合は、とにかく人より優れた何かを持っていなければいけません。
そもそもそうしなければ、周りの人が振り向かないでしょう。
ところが現実には、誰もが自分には才能なんてないと思っています。
うまくいく人は、そこを突破した人になります。
自分に才能がないのではなく、1つ位何か才能があるに違いないと気づいた人か成功できるのです。
そして真剣にそれを考え見つけた人だけが人よりも抜きん出た結果を出すことができるでしょう。
つまりこの段階で諦めずに自分の才能や好きな事は何かを徹底して追求していく姿勢が重要です。
実はこれからの世の中は、自分の能力を得る時代が必ずやってきます。
単に労務を提供するだけではなく、自分の能力を売り人に喜ばれる仕事をする人が増えてくる可能性が高いです。


自分の能力や好きなことがわからない人は、子供時代に戻ってみると良いでしょう。
大人になると様々なバイアスがかかってしまい、周りの目を気にして自分自身すら直視できないことも多いです。
ですが子供の頃は周りの目を気にせず好きなことを好きなだけやっていたはずです。
ですが、それはゲームなどではいけません。
ゲームをやることやテレビのアニメを見る事は人を喜ばせることにはつながりません。
例えば人を喜ばせる事は何かを作ることや何かを発明することなどです。
それでもよく思い出せない場合は、今までどのようなことで褒められたかを思い出してみることです。
親に褒められた経験や学校の先生に褒められた経験を思い出し、そこから自分の才能を見つけ出す方法があります。
それを全て紙に書き出していき、そこからネタを見つけることが重要です。

次の記事へ

ページトップへ